効果的なカタログスタンドの種類と設置場所

徹底解説!カタログスタンドを有効活用

店内・ショッピングモール・映画館などでカタログスタンドを誰しも一度は見たことがあるはずです。実はカタログスタンドにはさまざまな種類があり用途によって使い分けて利用されています。今回はカタログスタンドについて徹底的に解説します。効果的な利用法を知り商品や店舗の宣伝に役立てましょう。

カタログスタンドの種類

カタログスタンドには卓上・折り畳み式・ポスター付きなどさまざまな種類が存在します。縦一列にパンフレットなどが置かれロビーや待合室で見かけるものはパンフレットスタンドと呼ばれています。折り畳み式などもあり簡単に設置できるタイプです。縦3列ほどの大きなものは大量収納ラックです。コンビニなど数種類の冊子を扱う所で利用されています。店舗の机の上に置かれている小さなものは卓上カタログラックです。1ヶ所だけではなく数ヶ所に配置したい場合にオススメです。映画館で見かけるポスター掲示付や動物園・遊園地で見かける壁面ラックもカタログスタンドの一種です。用途と費用に合わせて適切な種類を選択し利用するようにしましょう。

カタログスタンドの効果的な設置場所

カタログスタンドはどこにでも設置していいというわけではありません。顧客にカタログを手に取ってもらえるような場所に設置する必要があります。基本的には顧客が集まる場所に設置します。顧客が必ず通る入口・出口・店舗前などが効果的です。また、待合室や休憩所なども設置場所として適切です。顧客が待っている間暇をつぶすため冊子を手に取ってくれる可能性があるからです。最近注目されているのはカフェやコンビニの飲食スペースです。ゆったりとした時間を過ごしながら興味のある無料冊子を利用してもらうことができます。他には街中でカタログスタンドをよく見かける駅など人が多く集まる場所に設置すれば不特定多数の人に宣伝することができます。

カタログスタンドの注文方法

実際にカタログスタンドを設置する際はカタログスタンドを製作している企業に依頼します。まずは設置する用途を明確にして種類や個数を決定します。その後いくつかの専門業者をチェックし費用やデザインに注目して依頼する業者を判断します。商品カタログを用意している企業もあるので必要であれば資料請求します。注文方法は簡単です。サイトでデザイン・個数などを選んで注文を確定するだけです。注意すべき点は納期がカタログスタンドの種類によって異なるということです。緊急で必要な場合などは必ず納期を確認しましょう。注文したものが完成すれば設定した住所にカタログスタンドが届きます。効果的な種類・設置場所を理解した上で商品や企業を宣伝する手段としてカタログスタンドを有効活用しましょう。